トップページ > 中学生の頃の背中の痛み

中学生の頃の背中の痛み

私が中学を卒業する頃、ひどい背中の痛みに襲われていた日がありました。

夕方家に帰ったとき、その痛みが始まりました。
最初は、「痛いんだけど?」と親に漏らす程度でしたが、それが段々と増してきて、さっさとお風呂に入って寝ようと思いました。

お風呂でも痛みがありましたが、がまんできる程度で、ささっとシャワーを浴びてお風呂を上がりました。
体を拭いて下着をはこうとしてかがんだ瞬間、ビキンッと一瞬鋭い痛みが走り、そこから動けなくなってしまいました。

父が布団を準備してくれていたので、頑張ってそこまで行って倒れ込むように寝転びました。

痛みを祖母に伝えると、ぎっくり腰ではないかと言われました。

「え、ぎっくり腰って予兆があるものなの!?」とビックリしましたが、それどころではなかったので、とりあえずその日は寝ました。

つぎの日起きると、立ち上がるのもきつく、トイレにいくのもしんどかったです。

背中が痛いな、、、って思ったら、もしかしたらぎっくり腰になる予兆かも知れません。

何もせず、すぐに横になった方がいいと思います。