トップページ > 背中が凝ってしまって痛くなってしまう

背中が凝ってしまって痛くなってしまう

私は中学生くらいからよく背中が痛くなります。
特に痛くなるのは肩甲骨のあたりから下にかけてです。
息を大きく吸うと痛くなったり、段々と頭痛がしてくることもあります。

その理由として考えられるのは2つあります。
1つ目は私の姿勢の悪さです。
気が付くと猫背気味のまま、机に向かっていることが多くあります。
また、それによって体が凝ることでだんだんと痛みが出てくるのが2つ目の理由です。
さらに運動不足によって背中全体を動かすこともなく、さらに悪化してしまいます。

なので対策として私は、背中を動かすようにしています。
主に腕を回したり、肩を上下させるようにしています。
仕事をしている最中などに腕を振り回すことはでいないので、肩を小さく回すようにしています。
また、猫背にならないように背中をまっすぐにして座ることを心がけています。
それによって、のちのち背中が痛くなってくることが少なくなりました。

背中の凝りが原因による痛みは少しずつ背中を柔らかくしていくことが大事だと思います。